2018/09/12 12:00

「ファースト・マン」がトロント映画祭でプレミア上映、宇宙飛行士も絶賛

Photo by Emma McIntyre/Getty Images
Photo by Emma McIntyre/Getty Images

 [映画.com ニュース] 「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴスリングとデイミアン・チャゼル監督が再タッグを組む注目作「ファースト・マン」が9月10日(現地時間)、カナダのトロントで開催中のトロント国際映画祭でプレミア上映された。

 同作は、アメリカによる月への有人宇宙飛行計画を、アポロ11号のニール・アームストロング船長の視点で描く意欲作。ジェイムズ・R・ハンセンによる伝記「ファーストマン(ニール・アームストロングの人生)」を下敷きに、ジョシュ・シンガー(「スポットライト 世紀のスクープ」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」)が脚色したもの。製作総指揮にはスティーブン・スピルバーグも名を連ねている。

 上映が始まる前に、ステージに現れたチャゼル監督は「『セッション』も『ラ・ラ・ランド』も、ここトロント映画祭での上映がスタートでした。またここに戻ってこれて嬉しいです」と挨拶、観客からの熱烈な拍手に笑顔で応えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >