2018/09/13 04:00

怒声とパワハラのオンパレード!野村萬斎×池井戸潤「七つの会議」ポスター&予告完成

ぐうたら社員が企業文化に風穴を開ける!? (C)2019映画「七つの会議」製作委員会
ぐうたら社員が企業文化に風穴を開ける!? (C)2019映画「七つの会議」製作委員会

 [映画.com ニュース] 人気作家・池井戸潤氏の企業犯罪小説を映画化し、狂言師で俳優の野村萬斎がサラリーマン役に初挑戦する「七つの会議」のティザーポスターと予告編が、このほど完成した。ビジュアルは「正義を、語れ。」というコピーとともに、萬斎扮する無精ヒゲの主人公が会議テーブルに立ち、ギロリとにらみつける様子を活写。映像は営業社員に対する「死にもの狂いで数字あげろ! 返事!」という怒声や、「あんたみたいなお荷物は、生きてる価値すらないんだよ」などのパワーハラスメントがのべつ幕なしに飛び交う、圧巻の内容となっている。

 「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」などの原作で知られる池井戸氏の同名小説を、ドラマ版「下町ロケット」などの福澤克雄監督が映画化。中堅メーカー・東京建電の営業一課係長・八角(野村)は、その“ぐうたら社員”ぶりから営業部長・北川(香川照之)らには白い目で見られつつも、ほかの社員が猛烈に働くなか、ただひとり飄々と毎日をやり過ごしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >