2018/09/13 13:00

「プーと大人になった僕」ユアン・マクレガー、作品選びの“コツ”を明かす

日本でも絶大な人気を誇る (C) 2018 Disney Enterprises, Inc.
日本でも絶大な人気を誇る (C) 2018 Disney Enterprises, Inc.

 [映画.com ニュース] ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を実写映画化した「プーと大人になった僕」が、9月14日に全国公開される。このほど、主演を務めた人気俳優ユアン・マクレガーが初来日を果たし、作品の舞台裏や作品選びのコツ、自身の“役者論”について存分に語った。

 くまのプーさんと、大人になった親友クリストファー・ロビン(マクレガー)の奇跡の再会から始まる本作。結婚し、多忙な日々を送る会社人間になってしまったロビンが、プーや“森の仲間たち”との新たな冒険を通じ、忘れかけていた“大切なもの”を思い出していく。「ネバーランド」や、「かごの中の瞳」(9月28日公開)のマーク・フォースター監督がメガホンをとった。

 「トレインスポッティング」のようなエッジ―な作品から、「ビッグ・フィッシュ」「人生はビギナーズ」といったヒューマンドラマ、「美女と野獣」「スター・ウォーズ」といった超大作まで、ジャンルや規模を問わずに出演し続けてきたマクレガー。作品選びで重要視するのは「脚本」だといい、「元々の脚本がよくなければ、いい映画なんかできるわけがないからね」と柔和な語り口ながらも、確固たる意志をにじませる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >