2018/09/14 12:00

キアヌ・リーブス×ウィノナ・ライダー4度目の共演作、12月全国公開

 [映画.com ニュース] キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーの4度目の共演を果たした「おとなの恋は、まわり道」が12月に全国公開されることが決定し、予告編がお披露目された。

 個性が強すぎて恋愛も人生もうまくいかない、憂うつなヘンクツ男と毒舌なヘリクツ女のラブストーリー。本作の脚本を気に入ったライダーが、「ドラキュラ」(92)、「スキャナー・ダークリー」(06)、「50歳の恋愛白書」(10)で共演したリーブスに脚本を送り、4度目の顔合わせが実現した。

 空港で偶然出会ったフランク(リーブス)とリンジー(ライダー)は、衝突を繰り返していたが、同じ結婚式に向かっていることに気づきウンザリ。花婿が、フランクの絶縁中の異父弟であり、リンジーを捨てた元婚約者だったのだ。式場では隣同士にさせられるなど、2人はゲンナリしながらも口論や会話を重ねるうちに、徐々にお互いの共通点に気づいていく。

 予告編では、極上ワインの産地としても知られ、“アメリカで最も幸せな都市”と呼ばれるカリフォルニア南部のサンルイスオビスポを舞台に、なかなか素直に恋に落ちることができない、大人の恋のはじまりが、ウィットたっぷりに描かれた。メガホンをとったビクター・レビン監督が「2人の友情は、今回の撮影で大きな財産だった」が語っているように、リーブスとライダーの軽妙で息の合った掛け合いが予告編の中でも楽しめる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >