2018/09/14 17:00

ステイサム、超巨大ザメのエサに!? 「MEG」緊迫の本編シーン公開

深海レスキューのプロを演じている ジェイソン・ステイサム (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
深海レスキューのプロを演じている ジェイソン・ステイサム (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

 [映画.com ニュース] ジェイソン・ステイサムが主演する「MEG ザ・モンスター」(公開中)の本編映像が披露された。ステイサムが超巨大ザメに接近する、命がけのミッションシーンを収めている。

 本作は、全長23メートル、体重20トンの超巨大ザメ“メガロドン”(通称MEG)の恐怖を描く。全世界での累計興行収入が4.9億ドルを突破し、日本でも9月7日から公開されると国内映画ランキングで初登場1位を記録。公開3日間で観客動員23万人、興収3.7億円の好スタートを切った。

 披露されたのは、MEGにGPS発信器をつけるシーン。ミッションを完遂するためには、射程圏内である30メートル以内に近づく必要があり、レスキューダイバーのジョナス・テイラー(ステイサム)が挑んでいく。発信機をMEGに撃ちこんだ後、テイラーの体に巻き付けていたロープを引きあげて船に戻そうとするが、震動に反応したMEGに気づかれてしまい、テイラーを追いかけてくる。

 ロープを引きあげられながら、自らも大海原を必死に泳ぐテイラー。深く潜水したMEGが視界から突如消えた後、テイラーは船に引きあげられるが、その瞬間いきなり浮上し襲いかかる緊迫のシーンになっている。ちなみに、ステイサム自身は元英国代表飛び込み選手であり、MEGに近づく際のしなやかな泳ぎにも注目だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >