2018/09/17 08:00

深川麻衣、今泉力哉監督と2度目のタッグ!岸井ゆきの×成田凌「愛がなんだ」共演陣発表

若葉竜也ら実力派が続々と参戦! (C)2019「愛がなんだ」製作委員会
若葉竜也ら実力派が続々と参戦! (C)2019「愛がなんだ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 岸井ゆきのが主演し、成田凌が共演する今泉力哉監督作「愛がなんだ」に、深川麻衣、若葉竜也、片岡礼子、筒井真理子、江口のりこが出演していることが発表された。深川は「パンとバスと2度目のハツコイ」以来、2度目の今泉監督とのタッグ。今作では難役に挑み、これまでにない新たな一面を見せている。

 直木賞作家・角田光代氏が2003年に発表した恋愛小説が原作。28歳のOL・山田テルコ(岸井)は、5カ月前に一目惚れしたマモル(成田)のためならば、仕事も友だちもそっちのけに。失業しかけても、親友に冷たい目で見られても、マモルのそばにいられるだけで幸福を噛みしめる。しかし、マモルにとって彼女は、ただの都合の良い女でしかなかった。好きになってくれない男を一途に追いかけてしまうテルコの“完全なる一方通行の恋”、そして下した思いがけない“決断”を描き出す。

 「乃木坂46」卒業以後、女優として活躍を続ける深川は、テルコの親友であり、色男や流行りものに目がない葉子に扮する。さらに「葛城事件」「パンク侍、斬られて候」の若葉はプロカメラマン志望の青年ナカムラ、「武曲 MUKOKU」「ぐるりのこと。」の片岡はテルコの上司、「淵に立つ」の筒井は葉子の母親、独特の存在感を放つ江口はマモルがテルコに突然紹介する年上の女性すみれを演じている。

 「愛がなんだ」は、2019年春に東京・テアトル新宿ほか全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >