2018/09/17 19:00

唐田えりか、自信ゼロから「すべてが変わった」!「寝ても覚めても」で大きく飛躍

唐田えりかと濱口竜介監督
唐田えりかと濱口竜介監督

 [映画.com ニュース] 芥川賞作家・柴崎友香氏の恋愛小説を映画化し、第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された「寝ても覚めても」(公開中)のティーチインが9月17日、東京・テアトル新宿で行われ、ヒロインを演じた唐田えりか、メガホンをとった濱口竜介監督が登壇した。

 大阪に暮らす21歳の朝子(唐田)が、運命的に出会って恋に落ちた麦(ばく)、麦の失踪から2年後に東京で出会う亮平の間で揺れ動く。顔がそっくりな麦と亮平を、俳優の東出昌大が1人2役で演じている。

 この日、観客と一緒に映画を鑑賞したという唐田は「ちょっと放心状態」。本作のオーディションを受けた当時の心境を「自信というものがゼロだった」と振り返り、涙ぐむ場面もあったが「あの頃の自分に、もう少ししたら『寝ても覚めても』という作品に出合えるから、踏ん張ってと言ってあげたい」とすぐに笑顔に。「この作品ですべてが変わったし、お芝居に対しても前向きになれた」と女優として大きく飛躍するきっかけとなった本作への強い思いを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >