2018/09/18 12:00

蘇った! 特撮ドラマ「マイティジャック」組曲 「冨田勲 映像音楽の世界」

 [映画.com ニュース] 「月の光」「展覧会の絵」「惑星」などのシンセサウンドで国際的な評価を集めたシンセサイザーの第一人者で、日本を代表する作曲家の故冨田勲氏のテレビ、映画の音楽をオーケストラで演奏する「冨田勲 映像音楽の世界 SOUNDS OF TOMITA」(指揮・藤岡幸夫)が9月17日、東京都千代田区丸の内の東京国際フォーラム・ホール Cで開催された。

 2016年5月に慢性心不全のため、84歳で亡くなった冨田氏。74年にシンセサイザーによる「月の光」は米ビルボード誌の第1位を獲得、日本人として初めてグラミー賞にノミネートされ、一躍世界にその名が知られた。今回のコンサートは、「月の光」以前の1960年代~70年代半ばのサウンドトラックの名作群を中心に集めたもの。映画監督で映画評論家の樋口尚文氏が監修し、脚本、文芸評論でも活躍する女優の中江有里と司会を務めた。

 第1部は手塚治虫原作のアニメ「ジャングル大帝のテーマ」(65)で幕開け。「リボンの騎士」「リボンのマーチ」ではオリジナル歌手、前川陽子がオーケストラと共演。NHKの映像音楽のコーナーでは、誰もが口ずさめるマリンバによる軽快な曲「きょうの料理」(57)から「新日本紀行テーマ」(63)、大河ドラマ「花の生涯」(63)、「徳川家康」(83)、「勝海舟」(74)といったダイナミックな曲を演奏。創作ダンス用の作品として発表されたシンセサイザー曲「愛」(74)では、大妻嵐山高校ダンス部(埼玉)のメンバーが辻本知彦氏の振付によるダンスで躍動した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >