2018/09/18 12:00

高良健吾、巨匠・中島貞夫監督作「多十郎殉愛記」で“時代劇の伝承”を決意!

東映京都撮影所での撮影に潜入! (C)『多十郎殉愛記』製作委員会
東映京都撮影所での撮影に潜入! (C)『多十郎殉愛記』製作委員会

 [映画.com ニュース] 「新・極道の妻たち」「木枯し紋次郎」などで知られる84歳の巨匠・中島貞夫監督の最新作「多十郎殉愛記」の撮影現場が今春、京都・太秦の東映京都撮影所で報道陣に公開された。“時代劇ちゃんばらのレジェンド”約20年ぶりの長編劇映画に満を持して参加した主演・高良健吾、共演の多部未華子、木村了の口から語られたのは、中島監督への憧憬の念、そして深い愛だった。

 第二次世界大戦直後、GHQは時代劇の製作に関して「仇討ち映画の製作禁止」「ちゃんばら映画の禁止」といった禁止令を出している。「“日本人と日本刀”という組み合わせは、彼らにとって恐怖心を抱くものだったはず。武器というよりも精神性の表れ。戦後、その点が失われてしまった。その要因はちゃんばらが“ショー”になってしまったこと」と分析する中島監督。「刀で戦うというのは、そこへ至るまでに様々なドラマがないといけない。ちゃんばらには喜び、悲しみ、生と死が含まれている。そういうものをつくらなければならないというのが、今回ちゃんばら映画に挑戦する理由です」と言葉に力を込めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >