2018/09/18 15:15

【全米映画ランキング】「ザ・プレデター」が首位デビュー A・ケンドリック&B・ライブリー主演スリラーは3位

「ザ・プレデター」が首位デビュー (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
「ザ・プレデター」が首位デビュー (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース]3本の新作が上位にランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、人気SFアクションシリーズの続編「ザ・プレデター」が約2400万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

 同作は1987年に第1作が公開され30年以上人気を博しているシリーズの最新作。今回も宇宙船で地球に<捕獲>にやってきた戦闘種族プレデターと人類の死闘が描かれる。出演は「LOGAN ローガン」のボイド・ホルブルック、「ルーム」の子役ジェイコブ・トレンブレイに、オリビア・マンら。監督はシリーズ第1作でプレデターの餌食となる兵隊役で出演していたシェーン・ブラック(「リーサル・ウェポン」脚本、「アイアンマン3」監督)。

 2位は前週首位のR指定ホラー「死霊館のシスター」。10日間の累計は約8500万ドルとなり、最終興収は1億2000万ドル前後になりそう。

 約1600万ドルのOP興収で3位デビューとなったのは、ダーシー・ベル原作のベストセラー「ささやかな頼み」 (早川書房刊)をアナ・ケンドリック&ブレイク・ライブリーのW主演で映画化したR指定犯罪スリラー「A Simple Favor」。シングルマザーのステファニー(ケンドリック)は、息子を同じ幼稚園に通わせるエミリー(ライブリー)とママ友になるが、ある日エミリーは息子をステファニーに預けたまま失踪してしまう。ステファニーは日頃から記録しているVlog(=ビデオブログ)を使いながら、エミリーの夫らとエミリーを捜すことになる。レビューは上々で今後も女性客を中心に集客出来れば1億ドル超えも狙えそうだ。共演は「クレイジー・リッチ!」のヘンリー・ゴールディング。監督は「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」「SPY スパイ」「ゴーストバスターズ」のポール・フェイグ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >