2018/09/20 12:00

倉科カナ×立川談春 親子の絆を描く「あいあい傘」予告&第2弾キービジュアル入手

“日本一泣ける劇団”幻の名作を映画化 (C)2018映画「あいあい傘」製作委員会
“日本一泣ける劇団”幻の名作を映画化 (C)2018映画「あいあい傘」製作委員会

 [映画.com ニュース] 劇作家で俳優の宅間孝行がメガホンをとり、25年ぶりに再会する親子を描く「あいあい傘」の予告と第2弾キービジュアルを、映画.comが先行入手した。予告には、父と娘が言葉にならない思いを抱え、涙ぐみながら語り合う場面が映し出されている。

 “日本一泣ける劇団”と称され、2012年に解散した「東京セレソンデラックス」の舞台を映画化。07年の上演後、これまで1度も再演されたことがなく、ファンの間では“幻の名作”と呼ばれていた。

 物語の舞台は、恋園神社のある小さな田舎町。さつき(倉科カナ)は、25年前に蒸発した父・六郎(立川談春)を探しにやって来た。テキ屋の清太郎(市原隼人)の案内で町を散策するうちに、次第に明らかになる現在の父の生活。さつきは意を決し、父の新しい家族である妻の玉枝(原田知世)とその一人娘(入山杏奈)に会いに向かう。

 予告では、古き良き日本の夏祭りを背景に、父と娘の再会をめぐり人々の思いが交錯する様子が描かれ、竹内まりやが手掛けた主題歌「小さな願い」がしっとりと響いている。またキービジュアルには、「お父さん、ずっと会いたかった。」「許されるのなら、会いに行きたかった。」という言葉が添えられており、心にしみる切ない親子愛を予感させる。

 「あいあい傘」は10月26日から全国で公開。なお、舞台版は10月5日から東京・サンシャイン劇場などで上演される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >