2018/09/20 19:30

生田斗真が激賞!PFFアワード2018グランプリは工藤梨穂監督「オーファンズ・ブルース」

生田斗真が絶賛!
生田斗真が絶賛!

 [映画.com ニュース] 第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)を締めくくる「PFFアワード2018」の表彰式が9月20日、東京・京橋の国立映画アーカイブで行われ、工藤梨穂監督によるロードムービー「オーファンズ・ブルース」がグランプリに輝いた。

 自主映画の面白さを広く伝えるため1977年にスタートし、数多くの映画監督を輩出した同映画祭。今年は529本の応募から18作品が入選し、最終審査員は俳優の生田斗真、映画監督の大九明子、佐藤信介、冨永昌敬、映画プロデューサーの佐藤公美氏が務めた。

 グランプリに輝いた「オーファンズ・ブルース」は、記憶が欠落する病を抱えるエマが、行方不明の幼なじみ・ヤンを探し旅に出る姿を描いた。生田は「僕は『オーファンズ・ブルース』が大好きです。その一言から、審査の会議は始まりました。本当にこの作品に魅了され、俳優陣も素晴らしい。今でも、頭のなかに主人公たちが生きている感覚がします」と述べ、「今後の作品も絶対に見たい」と激賞。同作はひかりTV賞にも輝き、「この作品が遺作だ、くらいの気持ちで製作しました」という工藤監督は、「私は、映画で希望を映し出したかった。それが受け入れられて、本当に嬉しい」と、こみ上げる涙を抑えきれなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >