2018/09/21 12:00

村上虹郎の色気と狂気… 主演作「銃」破滅にひた走る予告編が披露

日常に潜む“狂気”と“衝動” (C)吉本興業
日常に潜む“狂気”と“衝動” (C)吉本興業

 [映画.com ニュース] 芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を、村上虹郎の主演で実写映画化する「銃」の予告編が披露された。モノクロームの映像美に加え、村上の色気と狂気がありありと浮かび上がる、迫真の仕上がりだ。

 中村氏自身が「偏愛している」というデビュー小説を、「百円の恋」「嘘八百」の武正晴監督のメガホン、奥山和由氏の企画・製作で映画化。友人たちと青春を謳歌する大学生・西川トオル(村上)は、河原で偶然、銃を拾う。持ち歩いてみると緊張とスリルは増幅し、満ち足りた高揚感に酔いしれる。同じ大学に通うユウコ(広瀬アリス)にも興味はあるが、日を追うごとに、圧倒的な存在感を放つ銃に魅了されていくトオル。しかし刑事(リリー・フランキー)の突然の訪問を契機に、精神的に追い込まれたトオルは、ある決断を下す。

 予告には、トオルが「なぜ拳銃で人を撃ってはならないのか」などとつぶやき、破滅の道をひた走る姿が映し出される。村上が日常に潜む狂気に蝕まれていく主人公を、色気をにじませながら全身で表現する様子が印象的だ。さらに本映像で一部使用された、広瀬扮するユウコの「あなたは問題を抱えている」というセリフは、原作にはないシーン。中村氏が映画のために書き下ろしたセリフで、トオルへの“救い”も込められている。

 「銃」はほか、日南響子、新垣里沙、岡山天音、後藤淳平(ジャルジャル)らが共演。11月17日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >