2018/09/21 15:00

中国の不正入試事件が題材 集団カンニング描くタイ映画「バッド・ジーニアス」監督に聞く

(C)GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.
(C)GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.

 [映画.com ニュース]中国で実際に起こったカンニング事件をモチーフに製作されたタイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」が9月22日公開する。天才少女を中心とした高校生チームが世界規模のプロジェクトに挑む姿を描き、同国で大ヒットを記録したクライムエンタテインメントだ、来日したナタウット・プーンピリヤ監督に話を聞いた。

--カンニングという題材はプロデューサーからの提案からだったそうですが、この企画の監督をを引き受けた理由を教えてください。

 「まず、時差をつかったカンニングの事件があったというニュースをプロデューサーから聞いた時に、ただ“カンニング”という言葉を聞いただけでもなにかワクワクしてしまうものがあるのに、さらに時差を使うとは、すごいミッションを成し遂げたなと思いました。元々ハリウッドのスパイ映画やアクション映画が好きで、特に『ミッション:インポッシブル』シリーズをよく見ていたこともあり、この題材を使って、スパイやアクションの要素をもった映画作品を撮りたいと思ったのです。またカンニングというテーマは、タイ人やアジアの人々にとってすごく身近な、実際にあり得る題材なので、そのテーマで映画を作りたいとも思ったのです。タイでは大げさではなく、現実にあり得る題材なのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >