2018/09/21 19:30

有村架純、人生が変わった瞬間を告白「それがなかったら今ここにいない」

舞台挨拶に立った有村架純と石田ゆり子
舞台挨拶に立った有村架純と石田ゆり子

 [映画.com ニュース] 本屋大賞2017にノミネートされた、川口俊和氏の小説を実写映画化した「コーヒーが冷めないうちに」が9月21日、全国307スクリーンで公開初日を迎え、主演の有村架純、共演の伊藤健太郎、林遣都、石田ゆり子、メガホンをとった塚原あゆ子監督が東京・TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶に立った。

 店内のある席に座ると“過去”に戻ることが出来る喫茶店を舞台に、後悔を抱く客たちが不思議な体験をするさまを描いた。その喫茶店で働く時田数を演じた有村は、「(撮影から)こんなに早く作品をお届けできるとは思ってもいなかったですし、公開日を聞いたときはびっくりしました。あっという間ですね、“その日”が来るのは」とほほ笑み、「まだ初日なのに、たくさんの人が足を運んでくださっていると聞いています」と感謝をにじませた。

 そしてドラマ「アンナチュラル」などで知られる塚原監督は、今作で映画監督デビュー。万雷の拍手が受けると、「いつもは、オンエアをテレビの前で、1人で座って見るんですが、ご覧になった方にこうやってお会いできることを嬉しく思います」と目を細めた。撮影ではキャストにアドリブをうながすこともあったそうで、有村は「健太郎さんとの公園のシーンは、日本で1番平和なんじゃないかという穏やかな空気でした」、伊藤も「僕がただピクルスが食べられない、というやり取りなのに、すごくきれいに塚原さんに切り取っていただきました」と述懐していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >