2018/09/22 08:00

アンナ・カリーナが18年ぶりに来日 クレモンティーヌ、野宮真貴とライブ

18年ぶりに来日したアンナ・カリーナ(中央)、クレモンティーヌ(左)、野宮真貴
18年ぶりに来日したアンナ・カリーナ(中央)、クレモンティーヌ(左)、野宮真貴

 [映画.com ニュース]仏女優のアンナ・カリーナが、9月23、24日に開催される日本とフランス語圏の国々のミュージシャンが交流するコンサート「FESTIVAL TANDEM」出演のため18年ぶりに来日。共にステージに立つ歌手のクレモンティーヌ、野宮真貴とともに、9月21日、アンスティチュフランセ東京で会見した。

 ジャン=リュック・ゴダール監督の「小さな兵隊」「女は女である」「女と男のいる舗道」「気狂いピエロ」など数多くの作品で主演し、ヌーベルバーグを代表する女優として知られるカリーナ。「夕張の映画祭で審査員を務めたことをよく覚えていますが、あれからもう18年になるのですね。3、4回来ていますが、日本はとても大好きです」と挨拶した。

 今年5月に開催された第71回カンヌ映画祭では、「気狂いピエロ」のキスシーンがメインビジュアルとして採用された。「人間生きているとこんなに幸せなことがあるのだなと思っています。ゴダールと共に映画祭に招待され、メインビジュアルにしていただいたことに感激しています」と述懐、「今回、久しぶりにCDを出しました。セルジュ・ゲンスブール、フィリップ・カトリーヌの楽曲、そして主人が手がけた4曲が入っています。新しい私の一面を見てほしいと思います」とアルバム「Je Suis Une Aventuriere」をアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >