2018/09/24 06:00

松坂桃李、時代劇初主演!佐伯泰英「居眠り磐音」映画化で“最も優しい浪人”演じる

 [映画.com ニュース] 人気俳優の松坂桃李が、作家・佐伯泰英氏の時代小説を映画化する「居眠り磐音」に主演することがわかった。松坂にとって、時代劇主演は初めて。“時代劇史上、最も優しい”と称される浪人・坂崎磐音に扮している。

 シリーズ51巻の累計発行部数が2000万部突破した小説を、「超高速!参勤交代」「空飛ぶタイヤ」などの本木克英監督が映画化。江戸で浪人暮らしを送りながら、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く主人公・磐音が、時に下町の人々とあたたかく交流し、時に悪を颯爽と斬る姿を描く。

 「娼年」「孤狼の血」など話題作への出演が相次ぐ松坂が、人情に厚く礼節を重んじ、春風のように穏やかな磐音に扮する。役どころについて「穏やかで静かな空気を纏いつつ、心の奥底に青い炎を燃やしている、そんな男です。年寄り猫のような磐音、彼のなかで時間がゆっくり流れているような」と説明し、「クランクイン前に殺陣や所作に加えて、うなぎさばきの練習をしてきましたが、非常に難しく心が折れそうになりました。本木監督はじめ、アクションチーム、京都のスタッフさん、共演者の皆様に支えていただき、何とか最後まで演じきることができました。幅広い世代の方に楽しんで頂ける作品になっていると思います」とコメントを寄せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >