2018/09/24 07:00

職なし、学なし、犯罪歴あり!最弱タタキ集団の活躍描く「ギャングース」予告公開

“底辺の人生からの逆転”をかけた 壮絶なバトルが展開 (C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
“底辺の人生からの逆転”をかけた 壮絶なバトルが展開 (C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

 [映画.com ニュース] 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知がトリプル主演を務める映画「ギャングース」の新ビジュアルと予告映像が公開された。

 本作は、2013~17年に「モーニング」(講談社刊)で連載された漫画を「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白 私が殺人犯です」「ビジランテ」などの入江悠監督が映画化。少年院でともに過ごした“職なし、学なし、犯罪歴あり”の3人組サイケ(高杉)、カズキ(加藤)、タケオ(渡辺)が、犯罪集団が稼いだ収益金のみを狙って窃盗を繰り返す“タタキ稼業”を開始し、裏社会を生き抜くさまを描く。

 新ビジュアルはサイケ、カズキ、タケオの“最弱タタキ集団”と、安達(MIYAVI)率いる犯罪営利組織“六龍天”が対峙。サイケたちの情報屋兼道具屋の高田(林遣都)や、映画オリジナルキャラクターとなるキャバ嬢ユキ(山本舞香)、“タタキ稼業”の中でカズキたちに引き取られる少女ヒカリ(伊東蒼)も登場している。

 予告映像は、タタキに奔走する場面や六龍天と戦うアクションも収められ、命がけの壮絶バトルを予感させる。3人の友情を感じさせるシーンがある一方、真っ当な社会での生活を望みながらも、生き抜くために“タタキ稼業”を続けなければならないサイケたちが苦悩する姿も描かれている。

 「ギャングース」は11月23日から全国で公開。R15+指定。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >