2018/09/24 12:30

新「チャーリーズ・エンジェル」ボスレー役にパトリック・スチュワート

パトリック・スチュワート 写真:Shutterstock/アフロ
パトリック・スチュワート 写真:Shutterstock/アフロ

 [映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズ製作によるリブート版「チャーリーズ・エンジェル」のボスレー役として、パトリック・スチュワートが最終交渉に入っていると、米ハリウッド・レポーターが報じた。

 同作は「ピッチ・パーフェクト2」で監督デビューを飾ったエリザベス・バンクスがメガホンをとる注目作で、探偵事務所で働く3人のエンジェルをクリステン・スチュワート(「トワイライト」シリーズ)、ナオミ・スコット(「パワーレンジャー」)、エラ・バリンスカが演じる。

 ボスレー役とは、姿を見せない探偵社のオーナー、チャーリー・タウンゼントの右腕で、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー主演で2000年に劇場公開された「チャーリーズ・エンジェル」(マック・G監督)ではビル・マーレーが演じていた。

 新世代のエンジェルたちの活躍を描くリブート版のボスレー役は、「スター・トレック」シリーズのジャン=リュック・ピカード船長役や「X-MEN」シリーズのプロフェッサーX役で知られるパトリック・スチュワートがオファーされているという。ただし、本作において探偵社は世界で諜報活動を行っている設定で、各地にチームを要していることから、複数のボスレーが登場するという。スチュワートが演じるのはそのなかの1人で、監督のエリザベス・バンクスも別のボスレーを演じるようだ。

 脚本はバンクスと、「ドラゴン・タトゥーの女」の続編「蜘蛛の巣を払う女」(クレア・フォイ主演)を手がけたジェイ・バスが共同執筆。バンクスと夫のマックス・ハンデルマン(「ピッチ・パーフェクト」シリーズ)、エリザベス・カンティロン(「コンカッション」)がプロデューサーを務める。ソニーは2019年9月27日の全米公開を予定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >