2018/09/26 06:00

安田顕×大森立嗣監督! 「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」実写映画化

倍賞美津子、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司と共演! (C)宮川サトシ/新潮社 (C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
倍賞美津子、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司と共演! (C)宮川サトシ/新潮社 (C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

 [映画.com ニュース]宮川サトシ氏の人気エッセイ漫画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」が実写映画化することが決定し、主演を安田顕、共演には倍賞美津子、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司といった実力派キャストが結集していることがわかった。メガホンをとった大森立嗣監督は「昨年の夏、岐阜の大垣で映画を作っていました。ちょっと怖いタイトルですが、おバカで、愛すべき家族の話です。安田顕さん、倍賞美津子さんをはじめ、出演者たちの笑顔や泣き顔を未だに思い出します。早く皆さまにお届けしたいです」と語っている。

 2013年にWEBマガジン「くらげバンチ」で連載がスタートした「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は、作者・宮川氏が実際に体験した母との最期の日々から葬儀、そしてその後の生活を紡いだもの。「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseが、母への愛がふんだんにちりばめられた内容を絶賛したツイートも話題となり、500万PVを達成した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >