2018/09/26 20:04

窪田正孝&広瀬アリスが体感 「ソラノカナタ」制作会社独自の技術を生かした手法とは?

(C)XFLAG
(C)XFLAG

 [映画.com ニュース] 窪田正孝、広瀬アリスが声優を務めるCGアニメーション映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」。本作では、先に声を収録してからアニメを作る「プレスコ」という手法が用いられている。声からどのようにキャラクターを作り上げていったのか、CGアニメーションを手がけた制作会社オレンジの社長である井野元英二氏が語った。

 オレンジは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」「攻殻機動隊 ARISE」などに携わってきた。CGアニメーションを駆使したバトルシーンなどを得意としているが、今作では役者の声を生かすことを重視したという。

 井野元氏は「役者さんが自由に声を当ててからその声を基にキャラクターの演技をつけていくプレスコでは、役者さんの演技の幅が広がります。特にCGでアニメーションを作るときは、声があったほうが作りやすいんです。実は役者さんの声を流しながら、モーションキャプチャで動きを撮影して、声とキャラの動きをぴったり合わせるなど工夫して制作しました」と説明。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >