2018/09/27 15:00

血の繋がらない家族が見つめるロス暴動 ハル・ベリー×ダニエル・クレイグ共演作の予告入手

ロス暴動を市井の人々の視点から描く (C)2017 CC CINEMA INTERNATIONAL-SCOPE PICTURES-FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES
ロス暴動を市井の人々の視点から描く (C)2017 CC CINEMA INTERNATIONAL-SCOPE PICTURES-FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES

 [映画.com ニュース] オスカー女優のハル・ベリーと、「007」シリーズで知られるダニエル・クレイグが共演した「マイ・サンシャイン」の予告編を、映画.comが先行入手した。1992年のアメリカを舞台に、“血の繋がらない家族”が「ロサンゼルス暴動」の混乱を生き抜く様子が描かれている。

 第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュベン監督最新作。物語の主人公は、1992年のロサンゼルスで、家族と暮らせない子どもたちを育てるミリー(ベリー)。騒々しい子どもたちに文句をつけながらも、心根は優しい隣人オビー(クレイグ)に見守られ、貧しいながらも愛にあふれた日々を送っていた。しかし、黒人が犠牲になった「ロドニー・キング事件」への不当な判決がきっかけで暴動が勃発し、家族のささやかな生活にも徐々に影が差し始める。

 エルギュベン監督は、「裸足の季節」のキャンペーン中に出会ったというベリーを「ユーモアと優雅さを併せ持った、ミリーの情熱にふさわしい女性」と表現。クレイグについては「身体的な俳優でもあり、彼のパレットには、バスター・キートンやハロルド・ロイドに近い色調もあるのです」と過去の名優たちとの共通点を指摘し、「ダニエルが演じたオビーは、何よりもその多様な色が必要でした」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >