2018/09/28 09:00

杉田協士監督7年ぶりの長編「ひかりの歌」、19年新春公開決定

「ひかりの歌」のメインビジュアル (C)光の短歌映画プロジェクト
「ひかりの歌」のメインビジュアル (C)光の短歌映画プロジェクト

 [映画.com ニュース] デビュー作「ひとつの歌」以来7年ぶりとなる杉田協士監督の長編映画「ひかりの歌」が、2019年新春にユーロスペースほか全国で順次公開されることが決定し、メインビジュアルと特報が解禁となった。

 「ひかりの歌」は、歌人・枡野浩一と杉田監督が、映画化を前提とした「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首の中から選出した4首の短歌が原作の長編映画。それぞれの孤独の中で生きる主人公4人の女性を、時に静かに、やさしく包む光のように、4つの物語が紡がれる。昨年、第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門でワールドプレミア上映され、第19回全州国際映画祭ワールドシネマスケープ部門にも出品された。

 各章の主人公として、北村美岬、伊東茄那、笠島智、並木愛枝が出演しているほか、映像制作ユニット“群青いろ”の廣末哲万、劇団“FUKAIPRODUCE羽衣”の日高啓介、映画「川越街道」の金子岳憲らが共演し、杉田監督と交流のあったマレーシアの劇作家リャオ・プェイティンも出演。撮影は飯岡幸子、音楽は“Nibroll”のメンバーであるスカンク/SKANKが務めている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >