2018/09/28 16:00

ジョージア映画祭、10月13日開幕! 無声映画時代の伝説的作品をラインナップ

劇場未公開作が多数そろった全19本を上映
劇場未公開作が多数そろった全19本を上映

 [映画.com ニュース] 東京・神保町の岩波ホールとジョージア国立映画センターが主催する「ジョージア(グルジア)映画祭」が、10月13~26日に開催される。同国を代表する画家ニコ・ピロスマニの半生を描いた伝記映画「放浪の画家ピロスマニ」(1969)のほか、劇場未公開の長編14本、中・短編4本がラインナップされている。

 イタリア映画の巨匠フェデリコ・フェリーニが「ジョージア映画は特別で、それぞれがとても独創的だ。哲学的な軽妙さがあり、洗練されていて、同時に子どものように純粋、無垢だ。気難しい私さえも泣かせる全てがある」と称賛したジョージア映画は、今年で誕生110周年。同映画祭では、無声映画時代や、70年間にわたるソビエト時代の名作、1991年独立後の混迷を経て生まれた現代の傑作などを紹介する。

 長編作品は、アバンギャルドでアナーキーな内容が影響し、ジョージアで初めて公開禁止となった無声映画時代の伝説的作品「私のお祖母さん」(1929)、同時代を代表するドキュメンタリー「スヴァネティの塩」(30)、終戦直後に作られた豪華絢爛なミュージカル映画「ケトとコテ」(48)、伝統を重んじて生きる牛飼いの苦悩を活写する「大いなる緑の谷」(67)、山間の村で父と暮らす少女の質朴な生活を描く「少女デドゥナ」(85)。また2000年代の作品群から「少年スサ」(10)、「微笑んで」(12)、「ブラインド・デート」(13)、「他人の家」(16)、「デデの愛」(17)、「ヒブラ村」(17)、「告白」(17)、「陽の当たる町」(17)、「あぶない母さん」(17)を上映する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >