2018/09/28 19:00

ベネチア銀獅子賞「運命は踊る」名匠サミュエル・マオズ「古典的なギリシャ悲劇を描きたかった」

イスラエルの名匠サミュエル・マオズ監督
イスラエルの名匠サミュエル・マオズ監督

 [映画.com ニュース]第74回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞したイスラエルの名匠サミュエル・マオズ監督の新作「運命は踊る」が9月29日公開する。息子の戦死という誤報を受けたイスラエル人夫婦の姿を通して、人間の運命の不条理を、こだわり抜いた映像で描いたドラマだ。来日したマオズ監督に話を聞いた。

 テルアビブのアパートで暮らすミハエルとダフナ夫妻のもとに、軍の役人が息子ヨナタンの戦死を知らせにやってくる。ダフナはショックのあまり気を失い、ミハエルは平静を装いながらも役人の対応にいら立ちを覚える。やがて、戦死は誤報だったことが判明。ミハエルは怒りを爆発させ、息子を呼び戻すよう要求する。

--離れた場所で暮らすひとつの家族の物語で、登場人物たちの抗えない運命を描いています。物語が始まり、円環が閉じる様に終わる3部構成にした理由を教えてください。

 「私は古典的なギリシャ悲劇を描きたかったからです。この物語に登場する彼らは、自らの運命をおびき寄せてしまっている。そして、そこから救い出してくれる人間の助けを、どうなるかもわからずに拒否してしまうのです。物事は、すべて偶然の産物であると言うこともできますが、運命のいたずらを感じさせるものもあると私は考えていて、この作品では後者を描きました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >