2018/09/29 06:00

「2001年宇宙の旅」70ミリ版はどれだけすごい? 企画者が語る“莫大な価値”

国立映画アーカイブ主任研究員・冨田美香氏
国立映画アーカイブ主任研究員・冨田美香氏

 [映画.com ニュース]スタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」(1968)のニュープリント“アンレストア”版70ミリ・が、いよいよ10月6日から東京・京橋の国立映画アーカイブで期間限定上映される。フィルム撮影に熱い思いを込める名匠クリストファー・ノーラン監督が監修し、公開当時の本来の映像と音の再現を追求したニュープリントだが、果たしてどれだけすごいのか? 本企画を実現させた、同アーカイブの主任研究員・冨田美香氏に話を聞いた。

 「今回の70ミリ版は“荒々しい”んです。いうなれば情感的に“激しい”んですね」。オスロで鑑賞してきたという冨田氏は言葉に力を込めながら、身を乗り出した。デジタルリマスター版などの映像と比較すると、アンレストア版70ミリは荒々しさがある。しかしそのことは欠点ではなく、むしろ望外の感動を呼び起こす“最大の魅力”であるという。「宇宙の闇の暗さ、未開の風景やサルの猛々しさが、フィルムの粒子感とともに、空気感や立体感をともない立ち上ってくるんです。野生的ですらあります。ボーマンがHALを破壊していくシーン、そこにこもっている憤りや情念までが、ドッと押し寄せてきます。作品が本来持っていた密度、映像表現が、現代と微妙に違うということがよくわかると思います」と話す口ぶりから、その興奮がひりひりと伝わってくる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >