2018/09/30 12:30

ディズニーのテレビ部門トップが辞任 フォックス買収による人事統合の煽り受ける

辞任することになったベン・シャーウッド氏 Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images
辞任することになったベン・シャーウッド氏 Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images

 [映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーのテレビ部門トップとしてDisney/ABCテレビジョングループの社長を務めているベン・シャーウッド氏が辞任することになったと、米Deadlineが報じた。

 現在、ウォルト・ディズニーによる21世紀フォックスの買収による人事統合が進行中で、21世紀フォックス傘下フォックス・テレビジョン・グループのトップとして大成功を収めたデイナ・ウォルデン会長が、Disney/ABCテレビジョングループも指揮する方向で契約交渉が行われているという。

 一方、2014年からDisney/ABCテレビジョングループの社長を務めてきたシャーウッド氏は辞職することに。かつてABCテレビジョングループの社長を務め、シャーウッド氏と親交の深いウォルト・ディズニー社のロバート・アイガー最高経営責任者は同氏に別の要職を提供しようとしたものの、当人が辞職を希望したという。

 シャーウッド氏はABC News部門のトップを経て、ABCテレビジョングループの社長に就任。その一方で、「きみがくれた未来」(2010)の原作を執筆するなど、小説家としての一面も持つ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >