2018/10/01 11:00

「愛と法」戸田ひかる監督が語る“可視化”することの大切さ

取材に応じた戸田ひかる監督
取材に応じた戸田ひかる監督

 [映画.com ニュース] 弁護士の男性カップルの日常と2人が関わった裁判事例から、日本の「家族感」を浮き彫りにしたドキュメンタリー映画「愛と法」。同作で、第30回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門作品賞などに輝いた戸田ひかる監督に話を聞いた。

 大阪の下町で法律事務所を営む南和行さん(カズ)と吉田昌史さん(フミ)は公私にわたるパートナーだ。2人は、戸籍を持てずにいる人や、「君が代不起立」で処分された元教諭の辻谷博子さん、女性器アートで「わいせつ物陳列」等の罪に問われた芸術家兼漫画家のろくでなし子さんの裁判を担当する。そんな社会の矛盾と向き合う2人のもとに、突然居場所を失ってしまった少年カズマくんが加わり、「家族」3人の生活が始まった。一見すると何のつながりもない裁判や出来事だが、自分らしさのためにたたかう人々の姿が重なり合ったとき、いまの日本の「見えにくい問題」が浮かび上がる。

 10歳からオランダで暮らし、英ロンドンを拠点に世界各国で映像制作を行ってきた戸田監督。あるイギリス人監督のプロジェクトの手伝いで、大阪でリサーチをしているときにカズとフミに出会い、本作の撮影で22年ぶりに日本で暮らした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >