2018/10/01 12:00

ついに子どもが見られる「デッドプール」全米公開 R指定版をPG-13指定に再編集

PG-13指定へと再編集 (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
PG-13指定へと再編集 (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] 米20世紀フォックスが、「アリータ バトル・エンジェル」の全米公開日を2018年12月21日から19年2月14日に延期し、代わりに“子ども向け”「デッドプール」を公開すると発表した。

 米バラエティによれば、日本のSFアクション漫画「銃夢(ガンム)」をジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲスのメガホンで実写映画化する「アリータ バトル・エンジェル」に代わり、12月21日全米公開となるタイトル未定の同作は、R指定の「デッドプール2」をPG-13指定(13歳未満の子供の視聴には、保護者の注意が必要)へと再編集したもので、未公開の新たなシーンも追加される予定だという。

 この発表を受けて主演のライアン・レイノルズは早速、1987年の映画「プリンセス・ブライド・ストーリー」から風邪をひいた孫(フレッド・サヴェージ)におじいさん(ピーター・フォーク)が「プリンセス・ブライド」の物語を読み聞かせるシーンをパロった写真を自身のTwitterに投稿。サンタ帽をかぶり、絵本を手にした“俺ちゃん”ことデッドプールの写真には、「どうよ?」というひと言が添えられている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >