2018/10/01 13:00

西松流入門から9年で“名取”かたせ梨乃、唄と三味線を披露

 [映画.com ニュース] 女優のかたせ梨乃が邦楽の名門「西松流」の名取となり9月30日、東京・銀座の「音楽ビアプラザ ライオン」で行われた「第一回 己紗(みさ)の聲(こえ)」で初めて腕前を披露した。

 ピアノ、フランス語、フラメンコとさまざまな習い事を続けているかたせだが、邦楽に興味を持ったのはヒロイン役を務めたフジテレビ系スペシャルドラマ「悪魔の手毬唄」(2009)で、三味線のシーンがあったことがきっかけ。役作りのために、海外公演も行う邦楽の大家、西松布咏さんに弟子入りし、撮影後も月に3回稽古に通っている。

 邦楽の魅力については「最近、季節を感じることが少なくなりましたが、江戸唄は季節が詠まれていて、一人で三味線をけいこすると季節を感じるんです。それが楽しくて、ずっと続けてきました」。入門から足掛け9年で、名取を許され、本名「杉田典子」から一字取って、「己紗典咏(みさ・てんえい)」を名乗ることになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >