2018/10/01 14:00

トロントで観客賞「Green Book」がチューリッヒで欧州プレミア!

 [映画.com ニュース] 9月27日に開幕したスイスのチューリッヒ映画祭で、オープニングフィルムに選ばれた「Green Book」が上映され、ピーター・ファレリー監督と主演のビゴ・モーテンセンが駆けつけて喝さいを浴びた。

 本作は一足早く開催されたトロント国際映画祭で観客賞を受賞し、一気にアカデミー賞候補に踊り出た。ヨーロッパではチューリッヒがプレミアとなっただけに、売り出されたチケットはあっという間にソールドアウトになった。

 クラシックの黒人ピアニスト、ドン・シャーリー(「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ)と、1960年代に彼のアメリカ南部ツアーの運転手を務めたイタリア系の用心棒トニー・リップ(モーテンセン)の実話を映画化した本作。メガホンをとったのは、コメディで圧倒的な人気のあるファレリー兄弟の兄、ピーターだ。もっとも、今回はこれまでのコメディスタイルとは一味異なる。ジョークや笑えるセリフが満載というわけではなく、まったく対照的な主人公のふたりが醸し出すちぐはぐ感が自然な笑いをもたらす。なによりもアリとモーテンセンの、静と動の掛け合いが魅せる。しかも以前は静の役柄が多かったモーテンセンが、20キロ近く体重を増量し、しゃべり出したら止まらないブロンクス出身の典型的イタリア系アメリカ人に扮するのが新鮮だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >