2018/10/02 05:00

恐ろしい“あれ”が来る…!岡田准一×中島哲也監督の最恐エンタテンメント、予告編完成

名前を呼んではいけない“あれ”の正体とは? (C)2018「来る」製作委員会
名前を呼んではいけない“あれ”の正体とは? (C)2018「来る」製作委員会

 [映画.com ニュース] 中島哲也監督と岡田准一がタッグを組んだ映画「来る」の予告編(https://youtu.be/OEFPDTGaamQ)が公開された。

 第22回日本ホラー大賞を受賞した澤村伊智氏の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化した同作は、オカルトライターの野崎が、身の回りで起こる超常現象に悩んでいるという相談を持ちかけてきた田原の依頼を受けて調査を開始し、田原家にとり憑いている「何か」の正体に迫っていく姿を描いた最恐エンタテンメント。

 「何か」の正体は田原の故郷に伝わる、人ならざるもので、名前を呼んではならず、繰り返し「あれ」と言及される。公開された予告編でも、岡田をはじめとする豪華俳優陣が繰り出す「その化け物を何とかしたいってことでいいんですよね?」「迎え入れましょう。あれを」といった、意味深なセリフが多数ちりばめられている。そして、何かに戸惑い、恐怖し、笑い、怒り、泣き叫ぶ登場人物たちの鬼気迫る様子が、中島監督ならではのスタイリッシュな映像で描き出されていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >