2018/10/03 15:05

黒木華&多部未華子、樹木希林さんとの初共演に強い感銘「なんてありがたい時間」

樹木希林さんの思いを託された 黒木華&多部未華子
樹木希林さんの思いを託された 黒木華&多部未華子

 [映画.com ニュース] 茶道を題材にした人気エッセイを映画化した「日日是好日」の特別試写会が10月3日、東京・港区の明治記念館で行われ、主演の黒木華、共演の多部未華子、原作者の森下典子氏が出席。イベントは“KIMONO de CINEMA”と銘打たれており、黒木らは艶やかな着物姿で登場した。

 森下氏が約25年間にわたって町の茶道教室に通った日々を綴るエッセイを、大森立嗣監督が映画化。20歳の典子(黒木)は、従姉の美智子(多部)とともに自宅近くの茶道教室に通い始める。武田先生(樹木希林さん)の指導を受ける20数年間で、典子は就職、失恋、大切な人の死などを経て、お茶や人生における大事なことに気がついていく。

 黒木は9月15日に死去した樹木さんとの初共演に、「共演する前に、いろんな役者さんから『希林さんと共演すると、得るものがたくさんある』とうかがっていました」と明かし、「実際にご一緒して“役を生きる”ことをすごく感じました。言葉ではなく姿で、役や芝居を感じることができて、なんてありがたい時間なんだろう」と思いを馳せる。同じく初共演の多部は「ある番組で『セリフを正確に言えることが全てじゃない』とおっしゃっていた」と切り出し、「希林さんは正確にセリフを言うのではなく、意味はあっているけど違う言葉で、“自分の言葉“として発しているんです。間近で見てすごいなと思っていて、『できるか』と言われたらなかなかできません」と強い感銘を受けた様子だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >