2018/10/04 05:00

「麻雀放浪記」新作が35年ぶりに製作!斎藤工主演×白石和彌監督で2020年の坊や哲を描く

並々ならぬ意欲で坊や哲を演じた斎藤工
並々ならぬ意欲で坊や哲を演じた斎藤工

 [映画.com ニュース] 阿佐田哲也氏の累計発行部数250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、実に35年ぶりに映画化されることが決まった。タイトルは「麻雀放浪記2020」。1984年にイラストレーターの和田誠が初監督した同名作の大ファンだという俳優・斎藤工が映画化を熱望し、企画がスタート。設定を大胆に変え、「孤狼の血」の白石和彌監督が撮り上げた。

 原作の「麻雀放浪記」を映画化した和田版は真田広之が主人公の坊や哲を演じ、敗戦直後の東京の片隅でひたすら麻雀を打ち続け、様々な勝負師との出会いを経て、人生について学んでいく若者の姿を描いた。斎藤は、個人的な意見として「名画をリメイクしてオリジナルを超えた作品は、はっきり言ってほとんどない」と断言する。それだけに、「正直この企画に対しても、和田誠版『麻雀放浪記』ファンとして当初、いささか不安を感じました(しかも坊や哲が私とは、なんともエキセントリックなキャスティング)」と心情を吐露する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >