2018/10/04 10:00

三上博史14年ぶりに映画主演!宅間孝行監督作でラブホテル舞台の密室群像劇

 [映画.com ニュース] 俳優の三上博史が、宅間孝行監督がメガホンをとった「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」で、「予言」(鶴田法男監督)以来約14年ぶりに映画主演を果たしていることがわかった。

 「私をスキーに連れてって」(馬場康夫監督)、「遠き落日」(神山征二郎監督)、「スワロウテイル」(岩井俊二監督)、「パラサイト・イヴ」(落合正幸監督)、「月の砂漠」(青山真治監督)など、1980年代~2000年代前半に日本映画界を牽引し続けてきた三上が、宅間監督の意欲作で“座長”を務めた。

 宅間監督とタッグを組んだ三上は、「この作品は、ご自身が俳優でもある宅間孝行さんが脚本、監督をされたことで成立できた作品だと思います。宅間さんは、俳優の生態をよく知っている。俳優のバカさ、かわいさ、ずるさ、脆さ、強さ、しぶとさ、覚悟。そして、それらをどのように発揮させれば作品がよくなるかわかっていらっしゃる」と全幅の信頼を寄せる。共演陣とも強固な関係を構築できたようで、「だからこそ、そんな痺れるような長い長~い長回しの撮影の瞬間に、ぼくらの魂の“何か”が映っているはずです。どうか皆さんがその“何か”を発見し、楽しんでくださいますように心から願っています」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >