2018/10/04 13:30

山田裕貴「あの頃、君を追いかけた」に役者人生の命運を懸けた

主演作に込めた熱い思いを語った
主演作に込めた熱い思いを語った

 [映画.com ニュース] 「誰かの人生を生きる仕事なので、誰よりも人の気持ちをわかろうとして、誰よりも人の話を聞こうとして、誰よりも人を愛せる人になりたい。まだまだなので、もっと仕事があればいいなと思います」。28歳の誕生日を迎えた日、山田裕貴は俳優としての目標をこう語った。自分に厳しく、熱く、そして真っすぐに。そんな山田が主演を務めた映画「あの頃、君を追いかけた」が、10月5日から全国で公開される。

 今作は、社会現象を巻き起こした台湾の大ヒット作を日本でリメイクした。気の合う仲間たちと気楽な毎日を送る男子高校生・水島浩介(山田)と、浩介の“お目付け役”に任命された優等生・早瀬真愛(齋藤飛鳥)の恋模様を描く。

 台湾版に感動したという山田は「日本でこういう映画をやらせていただけるのだったら、制服姿も今回が最後になるかもと思いながら臨みました」とオファーを受けた心境を振り返る。「一見、キラキラ映画と思われるかもしれないですが、少女漫画原作でもなければ、壁ドンもない。最後の最後まで見てもらえれば、どの恋愛映画や青春映画にもなかった結末が待っています。それでいて、高校3年生からの10年間を描く作品なので、年齢を重ねた方も“あの頃”を思い出せる」と魅力を語り、「女性がキュンキュンする映画は多いと思いますが、この作品は男性がキュンキュンできる映画でもあります」とアピールする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >