2018/10/04 15:00

インディーズ映画の若き女王・小川紗良が見据える“これから”

 [映画.com ニュース] 女優で監督の小川紗良の躍進が止まらない。監督2作目となる「BEATOPIA」がコンピレーション映画「愛と、酒場と、音楽と」の1編として渋谷・ユーロスペースで公開中、さらに監督3作目となる短編「最期の星」は第40回ぴあフィルムフェスティバルのコンペティション「PFFアワード」に選出。また、女優としても日本テレビ系の深夜ドラマ「ブラックスキャンダル」に重要な役どころとしてレギュラー出演中だ。文筆業にも取り組み、水道橋博士からは「和製ジョディ・フォスター」と称された小川がいま何を思っているのか話を聞いた。

 意志の強そうな黒目がちの瞳は一点を見据え、穏やかな口調で淀みなく話す小川は現役の早稲田大学生。「万引き家族」がカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督は同大の基幹理工学部表現工学科で教授を務めており、その元で学んでいる。

 「是枝さんのゼミに入っているわけではないんです。1年生の頃に、大きな講堂で是枝さんが講演をされていて、その後に質問しに行ったんです。そうしたら、『映画を作るこういう授業もあるよ』と声をかけてくださいました。それからずっともぐり続け、3年生でやっと授業が取れました。もう4年間、お世話になっています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >