2018/10/05 08:00

藤野涼子が新選組を愛した妖艶な芸妓に! 浅田次郎原作の「輪違屋糸里」映画化

初々しくも妖艶な芸妓を演じた藤野涼子 (C)2018銀幕維新の会/「輪違屋糸里」 製作委員会
初々しくも妖艶な芸妓を演じた藤野涼子 (C)2018銀幕維新の会/「輪違屋糸里」 製作委員会

 [映画.com ニュース] 若手女優の藤野涼子が、浅田次郎氏の小説を映画化した「輪違屋糸里(わちがいやいとさと) 京女たちの幕末」で、時代劇映画に初主演することがわかった。あわせて公開された場面写真には、藤野の艶やかな芸妓姿が切り取られている。

 「壬生義士伝」に続き、浅田氏が新選組を題材にするのは今作で2度目となる。世の中が大きく変わろうとしていた幕末、大義をもって都を守り、そして恐れられた新選組。局長として名を馳せた近藤勇と芹澤鴨の対立が深まる時代に、新選組の志士たちを愛した女性3人の視点で、芹澤暗殺の謎が解き明かされる。

 新選組副長の土方歳三に淡い恋心を寄せる糸里を演じるのは、「ソロモンの偽証」2部作で第39回日本アカデミー賞新人賞を受賞した藤野。16歳の頃に撮影された今作を「時代劇も恋愛劇もやらせて頂いたことがなく今回が初めてで、それに京訛りがあり、私の中でこの映画はとてもチャレンジングな作品でした」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >