2018/10/06 14:00

ジュリアン・シュナーベル、ゴッホの晩年描く新作を語る

 [映画.com ニュース]ウィレム・デフォーがヴァン・ゴッホに扮する8年ぶりの新作、「アット・エターニティズ・ゲート(原題)」の公開が待たれるジュリアン・シュナーベルが、スイスのチューリッヒ映画祭を訪れ、マスタークラスを開催した。

 シュナーベルといえば、自身と交流のあった画家、ジャン・ミシェル・バスキアの自伝「バスキア」で監督デビューを果たし、国際的に高い評価を得た「夜になるまえに」や「潜水服は蝶の夢を見る」で知られる。この日は新作の話題のみならず、過去の作品の苦労話や知られざるエピソードを語った。「バスキア」では、キャスティングディレクターがバスキアのことを知らなかったため、ハイチ系アメリカ人にも拘らずヒスパニック系のベニチオ・デル・トロを推薦したこと。このとき彼に脇役を演じてもらったのをきっかけに、「夜になるまえに」では主人公の詩人、レイナルド・アレナス役に彼を考えていたものの、諸々の事情で流れ、当時はまだ世界的には知られていなかったハビエル・バルデムを起用したことなど。「バルデムのことは『ハモンハモン』で知った。これを観て、この俳優はまんまこの役のような人物か、素晴らしい演技者かどちらかだと思ったが、後者だった(笑)」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >