2018/10/06 15:00

大杉漣さん、最後の主演作「教誨師」が封切り 佐向大監督や共演陣が思い出を明かす

 [映画.com ニュース] 今年2月に急死した大杉漣さんの最初のプロデュース作にして、最後の主演作となった「教誨師」が10月6日、初日を迎え、玉置玲央、古舘寛治、光石研ら出演者、佐向大監督が東京・有楽町スバル座で舞台挨拶に立った。

 「教誨師(きょうかいし)」とは受刑者の心の救済につとめ、改心できるように導く人のこと。半年前に教誨師になったプロテスタントの牧師・佐伯(大杉さん)が癖の強い6人の死刑囚と面会し、彼らの言葉に耳を傾けながら、生と死の間で苦悩する姿を描く。大杉さんは初めてエグゼクティブプロデューサーを務めた。

 舞台挨拶では死刑囚役の6人が登壇。光石は「(テレビ東京系ドラマの)『バイプレーヤーズ』のパート1のときに(大杉さんから)『夏に映画をやるから出てよ』と言われ、中身も分からないまま『参加させてください』と言いました。送られたのはヤクザ役。1対1で(大杉さんに)対峙できることがものすごく魅力でした。胸を借りるつもりでやれたのはよかった」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >