2018/10/09 17:15

市村正親「クリスマス・キャロル」の手作り紙芝居で息子に演技指導!?

思い入れの強いスクルージ役で 実写吹き替えに初挑戦する市村正親
思い入れの強いスクルージ役で 実写吹き替えに初挑戦する市村正親

 [映画.com ニュース] 英文学の傑作「クリスマス・キャロル」の誕生秘話を描く「Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男」の日本語吹き替え版で声優を務めた市村正親が10月9日、東京・赤坂のオムニバス・ジャパンで公開アフレコに臨んだ。

 時代を超えて読み継がれ、クリスマスのルーツとも言われる英小説家チャールズ・ディケンズの著作「クリスマス・キャロル」。物語誕生の舞台裏に迫った今作は、暗い過去を抱えるディケンズが家族の大切さに気付き、やがて自身の小説に思いを託す様子が描かれている。クリストファー・プラマーが演じ、市村が声を務めるスクルージは、ディケンズに創作のインスピレーションを与える「クリスマス・キャロル」の主人公だ。

 ミュージカルで5回に渡りスクルージを演じてきた市村は、冒頭から「ふん、バカバカしい!」というスクルージのセリフを披露。オファーが来た時は「私以外の誰がやるんだって思いました」と気合十分だったそうで、「一人芝居でも演じたことがあって、1人で54役やりました。自分で台本も作って。『クリスマス・キャロル』自体が僕の体のひとつの世界になっている感じですね」と語り、「(チャールズ・ディケンズをマネて)僕は“市(イチ)ルズ・ディケンズ”です」と宣言するなど、思い入れの強さをにじませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >