2018/10/11 05:00

三浦貴大&阿部進之介&榊原有佑監督が熱い思いを吐露

三浦貴大に感謝を伝えた白石聖「優しい現場」
三浦貴大に感謝を伝えた白石聖「優しい現場」

 [映画.com ニュース] 大分県を舞台に理学療法士の青年が成長していく姿を描いた映画「栞」の完成披露舞台挨拶が10月10日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の三浦貴大をはじめ、共演した阿部進之介、白石聖、池端レイナ、メガホンをとった榊原有佑監督が登壇した。

 本作の主人公は、理学療法士として献身的に患者をサポートする青年・高野雅哉(三浦)。ある日、勤務先の病院に疎遠になっていた父・稔(鶴見辰吾)が入院してくる。徐々に弱っていく父の姿を目の当たりにし、また担当患者の病状が悪化するなど、雅哉は無力感に苛まれる。しかし、ラグビーの試合でケガをした患者(阿部)を新たに担当することになり、雅哉はその懸命な姿に心を動かされ、仕事への情熱を取り戻していく。

 舞台挨拶を迎えた思いを、三浦は「監督が作品にかけた思いが伝わるように、丁寧に大切に芝居をしました」と真摯な眼差しで明かした。大学ではスポーツ健康科学部に所属していた三浦は、理学療法士の友人がいたそうで「友人にも話を聞きながらこの作品に臨みました。本当に強い気持ちをもって仕事をしている方が多くて、中途半端なことはできないなと思った」と熱弁。リハビリに取り組む患者を演じた阿部は「患者の方や理学療法士の方が見られるときに、敬意をもって演じていることが伝わればと思いました」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >