2018/10/11 09:00

ワインスタイン騒動でお蔵入りの危機にあったカンバーバッチ主演作、配給が決定

お蔵入りの危機からようやく公開へ 写真:ALBUM/アフロ
お蔵入りの危機からようやく公開へ 写真:ALBUM/アフロ

 [映画.com ニュース] 製作元のワインスタイン・カンパニーが共同設立者ハーベイ・ワインスタインのセクハラ騒動により破産に追い込まれたことで、お蔵入りの危機に瀕していたベネディクト・カンバーバッチ主演作「The Current War(原題)」にようやく公開の見通しが立った。米ハリウッド・レポーターが伝えている。

 今作は1880年代後半、電力事業黎明期のアメリカを舞台に、電力供給システムの開発をめぐってライバル関係にあった二大発明家、トーマス・エジソンとジョージ・ウェスティングハウスの間で勃発した通称“電流戦争”を題材にしたドラマ。カンバーバッチがエジソン、マイケル・シャノン(「シェイプ・オブ・ウォーター」「ノクターナル・アニマルズ」)がウェスティングハウス、ニコラス・ホルトがウェスティングハウスと組んでエジソンと真っ向から対立した若き天才電気技師ニコラ・テスラを演じるほか、トム・ホランド、キャサリン・ウォーターストン、タペンス・ミドルトンら英国を代表する実力派俳優陣がキャストに名を連ねる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >