2018/10/11 21:45

三田佳子、50歳時に“16歳”演じた 大ヒット作「遠き落日」で見せた女優魂

三田佳子と奥山和由氏
三田佳子と奥山和由氏

 [映画.com ニュース] 三田佳子が出演した伝記映画「遠き落日」(1992)が10月11日、開催中の京都国際映画祭2018で上映され、三田と製作総指揮を務めた奥山和由氏が、よしもと祇園花月での舞台挨拶に出席した。

 世界的な細菌学の権威として知られる野口英世の一生を、母・シカとの関係を通して感動的に描く。奥山氏は「興行収入としては、今でいうと40数億円。私にとって最大のヒット作で、そのすべては三田さんの頑張りにあった」と最敬礼で、「三田さんは当時CM女王でしたし、お茶の間では『女優といえば三田佳子』だった」と懐かしそうに話した。

 母・シカの壮絶な愛情を体現し、第16回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞に輝いた三田は、今作の魅力を「お母さんがいない人間はいない。子どもを愛する、そのことへの感動がすごいんです。無学な母・シカが、世界の博士を作った。素晴らしいことで、みなさんそこに感動してくださったと思います」と分析。製作当時の心境を「作品を愛する気持ちがどんどん高まっていった」と述懐し、作品のために身を粉にした日々に、思いを馳せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >