2018/10/12 08:00

村上虹郎、父・村上淳とぶつかり合う! 武正晴監督作「銃」で“親子共演”

映画では「2つ目の窓」以来の“親子共演” (C)吉本興業
映画では「2つ目の窓」以来の“親子共演” (C)吉本興業

 [映画.com ニュース] 芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を、村上虹郎の主演で実写映画化する「銃」に、村上淳が共演することがわかった。“親子共演”は、映画作品では河瀬直美監督作「2つ目の窓」以来のこと。親子という関係性を超え、いち役者同士として演技合戦を繰り広げている。

 中村氏のデビュー小説を、「百円の恋」「嘘八百」の武正晴監督のメガホン、奥山和由氏の企画・製作で映画化。友人たちと青春を謳歌する大学生・西川トオル(虹郎)は、河原で偶然、銃を拾う。持ち歩いてみると緊張とスリルは増幅し、満ち足りた高揚感に酔いしれる。同じ大学に通うユウコ(広瀬アリス)にも興味はあるが、日を追うごとに、圧倒的な存在感を放つ銃に魅了されていくトオル。しかし刑事(リリー・フランキー)の突然の訪問を契機に、精神的に追い込まれたトオルは、ある決断を下す。

 父・淳が演じるのは、トオルと対峙する“ある男”という役どころ。「正直“親子共演”ということを意識しないかというとそうはいかない。しかし今回出演を決めたのもオファーをいただきそれに向き合った結果であり、武組の空気を感じられる機会をいただいたことへのアンサーです」と出演の経緯を明かす。そして「いち役者といち役者がなにかしらの縁で同じ座組になることは、そんなに珍しいことではないということです。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。傑作『銃』をお楽しみください」とコメントを寄せている。

 「銃」は、第31回東京国際映画祭(10月25日~11月3日開催)の日本映画スプラッシュ部門に出品されており、10月28日、11月1日に上映。11月17日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >