2018/10/12 12:00

大九明子監督「マイ・プレシャス・リスト」に「勝手にふるえてろ」との共通点を発見

スーザン・ジョンソン監督と「勝手に ふるえてろ」の大九明子監督
スーザン・ジョンソン監督と「勝手に ふるえてろ」の大九明子監督

 [映画.com ニュース] 第41回トロント国際映画祭(2016年)で公式上映され、第11回ガスパリラ国際映画祭の観客賞を獲得した「マイ・プレシャス・リスト」の特別試写会が10月11日、東京・新宿ピカデリーで行われ、メガホンをとったスーザン・ジョンソン監督、「勝手にふるえてろ」の大九明子監督が、上映後のトークショーに登壇した。

 「マイ・インターン」「恋するベーカリー」「ホリデイ」など、ユーモアと温かみのあるドラマを手がけてきたヒットプロデューサー、スザンヌ・ファーウェルの最新プロデュース作。ハーバード大学を飛び級で卒業したIQ185の天才ながら、友達も仕事も持たないキャリー(ベル・パウリー)が、セラピストから手渡された6つの課題リストをきっかけに、戸惑いながらも成長していく姿を描く。

 「『勝手にふるえてろ』と共通のものを感じてもらえる」と紹介され、本作を鑑賞した大九監督は「そう感じる部分は結構ありました」と告白。「例えば、チェリーソーダが登場するシーン。『勝手にふるえてろ』では、原作にはないんですが、主人公がいちご牛乳を飲むというシーンを多用しています。これは私が子どもの頃に好きで、なんだか嬉しい気持ちになった飲み物なんです」と説明すると「チェリーソーダもいちご牛乳、どちらも無果汁(笑)。健康には1ミリも良くないんですが、心の安らぎにつながる。そういうものを求める不器用な主人公像に共通点を感じ、作品に引き込まれました」と感想を述べていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >