2018/10/12 17:00

佐野勇斗、高校時代は「やんちゃしていた」 家庭科の授業での“おふざけ”告白

ダブル主演の佐野勇斗(右)と本郷奏多
ダブル主演の佐野勇斗(右)と本郷奏多

 [映画.com ニュース]芥川賞作家の「ピース」又吉直樹による舞台作品を映画化した「凜」が10月12日、京都国際映画祭2018で上映され、ダブル主演の佐野勇斗と本郷奏多、メガホンをとった池田克彦監督がT・ジョイ京都での舞台挨拶に出席した。

 又吉が2007年に書き下ろした初の舞台作品を映画化。「100年に1度、村から子どもが消える」という神隠し伝説が伝わる村で繰り広げられる青春群像サスペンスで、東京からの転校生で不思議な雰囲気を持つ天童(本郷)や、クラスメイトの野田(佐野)ら高校生たちが、“仲間が消える”現象に脅かされる姿を描いた。

 主演の一角を担った佐野は、「主演をやらせていただくことがあまりないので、どういった立ち振る舞いをしたらいいかわからなかった」としながらも、「事務所の大先輩である本郷さんの背中から学ばせていただき、おかげでなんとかやりきれました」と感謝を示す。撮影は1週間というタイトスケジュールだったが、佐野は「濃密な時間で、たくさんのことを学びました。最後の日に、みんなでバーベキューをしたのを覚えています」と充実感をにじませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >