2018/10/13 14:10

井浦新&白石和彌監督、若松プロダクション不滅宣言!

天国の若松孝二へ思いのたけを語った 井浦新、白石和彌監督ら
天国の若松孝二へ思いのたけを語った 井浦新、白石和彌監督ら

 [映画.com ニュース] 白石和彌監督がメガホンをとり、師匠である故若松孝二監督を題材に描いた映画「止められるか、俺たちを」が10月13日、全国11館で封切られ、白石監督をはじめ、若松監督を演じた井浦新、大島渚役の高岡蒼佑らキャスト陣、脚本を担当した井上淳一が、東京・テアトル新宿での舞台挨拶に立った。

 1969年、若松プロダクションの門を叩いた助監督・吉積めぐみ(門脇麦)の眼差しを通し、若松孝二(井浦)をはじめとする映画人たちの怒涛の生きざまを描く。06年に若松プロの門を叩いた井浦は「若松監督の背中を見続けながら、映画作り、その生きざまを勉強させていただきました。自分の恩師を演じるというのは、考えてもいなかったこと。自分だけが知っていた若松監督、若松プロダクションが、芝居を通じて皆さんに届いたことを嬉しく思います」と万感の思いを吐露していた。

 「この作品が始まる前、どうなるんだろうなという思いがありました」という高岡は「現場に行くと、そこに新さんがいる。でもそれは新さんではなく、紛れもなく若かりし頃の若松監督でした」と撮影の日々を述懐。「(若松プロの作品は)若松監督が亡くなったことで“止まった”と錯覚するような時間があったと思います。でも、実は少しずつゆっくりと歩を進めていた。(本作は)若松さんがいないからこそ作れたもの。若松さんはこの作品を見て『ふざけんじゃねえ!』って言っているかもしれないですけど、井浦新さんが演じた監督は愛情深いものになっていて……、とても感動しました」と胸中を明かすと、井浦は「ありがとう!」と充実の表情で応じていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >