2018/10/13 17:45

3億円の赤字、滅茶苦茶な要求…驚愕の“深作欣二伝説”を奥山和由&鍋島壽夫&中島貞夫が語る

北海道でのロケなどを述懐
北海道でのロケなどを述懐

 [映画.com ニュース] 深作欣二監督によるピカレスク映画「いつかギラギラする日」(1992)が10月13日、京都国際映画祭2018内の「深作欣二特集 vol.1」で上映され、製作を手掛けた奥山和由氏、プロデューサーの鍋島壽夫氏、本映画祭名誉実行委員長の中島貞夫監督がトークイベントに出席。映画へ壮絶な情熱を注いだ深作監督の、驚がくのエピソードを語った。

 北海道を舞台に、5000万円の現金を強奪後、仲間割れした男女たちが血みどろの死闘を繰り広げるさまを描く。大規模な爆破やカーチェイスなど、現在の邦画では考えられないド迫力シーンのオンパレードなだけに、奥山氏は今作の製作費について「赤字がとんでもないことになって。この1本のために、ある製作会社が倒産して解散した。赤字3億ですよ!」とぶっちゃけ、「監督が予算オーバーしたばかりではなく、台風が来たり……」と予想外の出来事も重なったと説明する。

 社会現象を巻き起こした「バトル・ロワイアル」(2000)でもタッグを組んだ鍋島氏は、「『いつかギラギラする日』は6月に撮影だったので、梅雨のない北海道に行ったんです。そうしたら、北海道に40年ぶりの梅雨が来た」といい、「ほとんど撮れなくて、神奈川に戻ったら今年みたいに1週間ごとに台風が来た」と惨状を振り返る。続けて奥山氏は「当時、アクションものはなかなかヒットしない時代。それを覚悟のうえで、イケイケで作り上げた」と述べ、「梅雨や台風での赤字に加え、最後の車が(パトカーを踏み越え、海に向かって)ジャンプするシーン。パトカーのサイレンは買うと高いから借りているんですが、それを全部壊しちゃったから、全部買い取りになった」と笑った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >