2018/10/14 07:00

世界初の長編“ゲキメーション”に「衝撃」 魂の一作放った宇治茶監督、念願の上映に涙

海外進出も決定
海外進出も決定

 [映画.com ニュース] 世界初の長編“ゲキメーション”アニメ「バイオレンス・ボイジャー」が10月13日、京都国際映画祭2018の特別招待作品としてアジアプレミア上映され、監督の宇治茶、声優を務めた田中直樹(ココリコ)、プロデューサーの安斎レオ氏が京都・よしもと祇園花月での舞台挨拶に出席した。

 ゲキメーションは、劇画とアニメーションを合わせた造語。宇治茶監督は学生時代から製作を始め、2013年のデビュー作「燃える仏像人間」は同年の文化庁メディア芸術祭・優秀賞に輝き、「バイオレンス・ボイジャー」はブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2018(アルゼンチン)のコンペティション部門で審査員特別賞を受賞するなど、そのアイデアが国内外で高く評価されている。

 物語は、少年たちが体感型娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”に迷い込み、恐怖のアトラクションに襲われるさまを描いた。主人公・ボビーの父親役を務めた田中は、「衝撃を受けました。こんな作品があるのかと驚いた」と明かし、「雰囲気からしてオドロオドロしい作品だったので、製作者はどんな気持ち悪い人かと思っていたら、こんなに爽やかなイメケンだったので驚いた」と目を丸くしっぱなしだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >